会社概要

名称 大塚産業 株式会社
商号 OTUKA SANGYO CO.,LTD.
代表者 原田 裕司(代表取締役)
創立 1939年(昭和14年)
設立 1960年(昭和35年5月)
資本金 5,000万円
本社 〒130-0005
東京都墨田区東駒形2-18-12 ⇒ 地図
TEL:03-3625-5651
FAX:03-3625-3265
事業所
コンパウンド事業部
〒339-0021
埼玉県さいたま市岩槻区末田2092番地 ⇒ 地図
TEL:048-798-0448
FAX:048-798-2052
モールディング事業部
〒306-0635
茨城県坂東市小泉983番地 ⇒ 地図
TEL:0297-38-1234
FAX:0297-38-1272
リサイクル事業部
〒347-0001
埼玉県加須市大越1057番地 ⇒ 地図
TEL:0480-68-6015
FAX:0480-68-6741
取引銀行 東京東信用金庫 本所支店
三菱東京UFJ銀行 押上支店
日本政策金融公庫
東京シティ信用金庫 押上支店
商工組合中央金庫 押上支店
みずほ銀行 浅草支店
りそな銀行 浅草支店
加盟団体 関東プラスチックリサイクル協同組合
理事長 大塚 一郎
全日本プラスチックリサイクル工業会
会長 大塚 一郎
社団法人東日本プラスチック製品工業協会
副会長 大塚 一郎

沿革

1939年(昭和14年) 大塚善治郎により大塚模型製作所を創業
1960年(昭和35年) 大塚産業株式会社設立、大塚善治郎が社長に就任
1963年(昭和38年) 成形加工を目的として越谷工場を竣工
1970年(昭和45年) 旭化成(株)社の指定着色工場として岩槻工場を竣工
1972年(昭和47年) 再生原料加工を目的として加須工場を竣工
1976年(昭和51年) 黒谷倉庫竣工
1978年(昭和53年) 賃貸マンション、春日ハイツ竣工
1982年(昭和57年) 岩井倉庫竣工
1985年(昭和60年) 資本金を5,000万円に増資
1986年(昭和61年) 大塚一郎が代表取締役社長に就任
1997年(平成9年) 越谷工場が茨城県岩井市に移転
2001年(平成13年) 国際品質保証規格ISO9001:2000認証取得

代表挨拶

この度は、物性測定・評価・試験センター(大塚産業株式会社)のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。当社は「プラスチックの総合会社」として、設計・施工・品質管理・物流などのあらゆる業務を手がけております。

形のあるプラスチックならどんなものも作れます。
どんなプラスチックにも着色できます。
捨ててしまえばゴミになるプラスチックも、工夫次第でリサイクルできます。

実績と行動力は、他社には負けないものと自負しています。
プラスチックのことなら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

平成24年01月01日
大塚産業株式会社
代表取締役 原田 裕司

スタッフからのメッセージ

物性測定・評価・試験センターを運営する大塚産業株式会社は、物性測定・評価・試験事業のほかに、コンパウンド事業部、モールディング事業部、リサイクル事業部を設置する「樹脂専門総合会社」です。

試験結果だけを出す試験機関と違い、押出し機造粒時の問題特性、成形機による成形品の問題特性、リサイクル時の問題特性など、樹脂上の問題と対策をアドバイスできるのが、樹脂専門総合会社である当社の最大の強みです。

たとえば、クレームが発生した樹脂に対して、試験結果のご説明と結果から分かる原因と改善策のアドバイスなど、常にお客様の立場に立っ て親切・丁寧なご説明を差し上げています。また、当社の商品でもある「物性評価報告書」の信頼性の維持・向上のため、定期的な機器公正も欠かしません。

今後も、基本方針である「納期厳守」はもちろんのこと、日々新しいことに取り組み、品質向上とスピードUPにチャレンジし続けてまいります。プラスチックでお困りのことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。